クレジットカード現金化の安全な方法やリスクなどについて

ショッピング枠を現金にすることをクレジットカード現金化といい、その方法の一つが業者から指定された商品を購入して業者に売却することで利益を得るというものです。

業者に依頼する場合は、手数料が引かれて最終的な還金率が70~80%程度になります。

稀に悪徳業者も存在するので、安全性を高めるために情報を集めてから優良な業者を選ぶことが大切です。

中には還金率95%以上と公言している業者もありますが、数百万円以上の商品の購入が必要だとか入金までに1週間かかるなどの条件を設けていることが多いです。

クレジットカード現金化を考える人はすぐにお金が必要なことが多いので、即日対応か可能かどうかや土日祝日も営業しているかどうかという点もポイントになります。

中には即日で入金するためには別途費用がかかるという業者もいますが、そのような業者は選ばない方が良いです。

業者の情報はホームページで調べることができます。

業者のホームページに建物名や運営代表者のフルネームなどに加えて、運営代表者の略歴や画像まで掲載されていると信頼することができます。

一方、自分でクレジットカード現金化を行う場合には、悪徳業者にあたらないのでより安全性が高いです。

ただし、自分で行う場合は業者を依頼する場合よりもカード利用停止になるリスクが高くなります。

転売目的のショッピング枠の利用は、多くのカード会社で禁止されています。

ゲーム機や商品券などをショッピング枠でたくさん購入すると、カード会社に転売を疑われてカード利用停止になる場合があるので注意が必要です。

信頼度の高い現金化業者をお探しの方はこちら:ビックギフトの評判はこちら


タグ :